笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ YOSAKOI in インドネシア  ]
2009-11-08(Sun) 01:22:09
自分たちが出て踊るのももちろんめちゃくちゃ楽しかったのだが、それに負けないくらい楽しかったのが、他のチームの踊りを見ること。国境を越えたYOSAKOIは、インドネシア・スパイスがいっぱい振りかかって、どんどん変化している模様。

私自身、高知や北海道の本場のよさこいを見たことはないので、正統の何たるかはよくわからないのだが、少なくとも日本では、小道具が飛び出すことはあまりないような気がする。

扇子は、まだわかる。
旗。応援団風に後ろで振る。
桜の枝。ほら、マツケンサンバもしくはズンドコ節の後ろで踊っている姐さんたちが持っているような。
傘。くるくる回してるよ~。シャンゼリゼ?
リボン。新体操風。
椅子。中国雑技団風決めポーズに使用。

これらのものを、途中、帯などに挟んでおいた鳴子とおもむろに持ち替える。申し訳程度にしか鳴子を持たない踊り子もいる。一応、ちょっとは鳴らさないとといけないとは思っているらしい。

衣装だって、そりゃすごい。

↓すっごいまとも。とっても王道。
よさこい西さん 003

↓中華風?
よさこい西さん 001
白い綿毛ピアスから、水玉靴まで、ぜーんぶお揃い。
なぜかみんな衿の合わせが逆(左が手前)なの。気になる。中国ってそうなの?

↓バリ風
バリよさこい
つい頭に目が行くが、鳴子に注目。柄の先にリボンつき。この装飾をしてるチームも多かった。

↓?????
よさこい西さん 002

他にも写真はないけど、獅子のような子どもたちや、制服風ミニスカートの大学生(アニメキャラ風)など、この会場にいるからかろうじてよさこいのチームだとわかる、わかるというかきっとそうなんだろうと推測される人たちがいっぱい。
北海道出身のメンバーが、「地元のよさこい仲間に見せたい!」と身悶えていた。ええ、YOSAKOIは赤道を越えて、こんなにも愛されています。

よさこい大好き、その割にはよく知らない。
その、愛と無知のアンバランスが生む、まったく枠にとらわれない発想が面白い。
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 0
3度目のお正月HOMEよさこい打ち上げサプライズ

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/549-d3b7bc0f



copyright © 2017 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。