笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 初事故(3) ]
2009-07-04(Sat) 16:23:07
我が家はたぶん運転手に甘い方だ。

子育てと同じで、使用人への接し方は家庭によってさまざまだ。厳しいところもあれば、うちより甘いところもある。
その按配が難しいのも、また子育てと同じ。厳しさは、ともすれば高圧的・差別的な態度につながりやすく、優しさは時にけじめのなさや相手の増長を生む。

相手の性格もさまざまなので、どちらがよいとは一概には言えないが、いずれの場合も大事なのは「一貫したポリシーに基づく理性的な態度」だと思う。

夫はさておき、私が甘い理由は自分でよく分かっている。
この国の雇用状況から言って、運転手さんの方が圧倒的に立場が弱いからだ。絶対に逆らえないと分かっている彼らに対して強い態度に出ると、まるで自分が弱い者いじめをしているような嫌な気分になってしまうのだ。
当然、理知的な雇用主はこんなことは考えない。不満は不満として伝えてしかるべきである。
これは逆に、私自身が他人をねじ伏せて悦に入ってしまいそうな危惧を感じているためであり、相手をかばうことで逆差別を生んでいる。つまり、まだまだ感情的で中途半端な未熟者だ。

それはさておき、甘い我が家からは何の沙汰もなかろうと踏んでいた様子のHさん。夫から「明日からしばらく来なくていい」という電話を受けて、あわてて会社へ飛んできたらしい。他のことならまだしも、事故だけは目をつぶれないと言われ、かなり凹んでいたそうだ。
こうして、ふだん甘いことで有名な我が家の謹慎処分は、会社の人にも運転手仲間にも一気に知れ渡り、みなにその動向を注目されることとなった。

Hさんはそれからも毎日、何かすることはないかとうちに顔を出した。我が家は、電話代の支払いとかテニスコートの予約とか、運転以外にも細かい仕事(有償)をしてもらっている。来ても運転はさせられないし、今週はもう手当も出ないよ、と言ったが、それでも毎日せっせと来た。

こういうところが彼のいいところだと思う。
謹慎処分で、プライドが傷つけられたとか、いつクビになるかとひやひやさせられたとか、強い被害者意識を持たれると困ると思っていたけれど、その心配は無用だった。直情的で調子に乗りやすい反面、言われたことには素直に従い、あまりひねくれた感情は持たない。「ご長男」たる所以だ。
日本には、もうあまりいなくなったタイプかもしれない。

そして一週間が過ぎた。<つづく>

よさこい★

よさこいの衣装が完成
モデルは170センチ越えの二人
どんなにコアってもそりゃかなわんわ
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 3
爆弾テロHOME初事故(2)

COMMENT

  +
この衣装を風通しのため、窓際ではためかせていたら、次男がやってきて、「かっこい~~」とうっとりしていました。v-238
娘はすぐに着込んで、すそをずるずるさせながら、セクシーポーズとっておりました。ちょっと違う気もするが・・・
でも運動会イケル予感がちょっとした。v-218

使用人への匙加減てほんと難しい。
考えているとストレスになるから、あまり考えないようにしている。
とりあえずメイドから笑顔が少なくなってきたら、甘いものを買ってあげるようにしている。
我が家のドライバーは、日本語がぜんぜんダメだから、ストレスはその場で日本語で(念のためちょっと難しめの)発して、消化しているよ。
Hさん、これで少し安全第一に専念してくれるといいね。
b y りかこ | 2009.07.07(22:29) | URL | [EDIT] |
  +
Hさん、5号の降園に力が入っていたよ。
まだ年少さんは解散してなかったのに、すっかり通路に車を出してキョロキョロしてた、ちょっと可愛い。
仕事復帰が嬉しいと思ってくれるのは、なんとなく満たされるものがあるね。
そのままフェイドアウトする人もいるだろうと思うと、ついつい甘やかしてしまうね。
b y kana | 2009.07.08(07:29) | URL | [EDIT] |
  +
所詮わたくし、北風に徹することはできませんので、あとは太陽になるしかないのですが、なにせ未熟なので、これが難しくて。
というのも我が家の場合、押さえつけて働かせるほどのメリット(給料がめちゃくちゃいいとか、仕事が超らくちんとか)は提供できないので、今まで2年間やってきて、向こうが我が家で働きたいと思わないんだったらもういいや、と思っていたのです。
とりあえず、やる気満々で戻ってくれたのはよかったよ。これが続くようにがんばらねば。

ダンドリーナの二人でも難しいのかと思うと、ちょっと安心。
b y みわ | 2009.07.19(00:33) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/527-2b625618



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。