笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 初事故(1) ]
2009-07-02(Thu) 23:03:42
インドネシア・テレコムは「修理は完了した」と言い張っているが、このページを開くのに15分もかかった。
でも今日は、朝から炎天下でよさこいを踊ったせいで、昼間3時間も爆睡してしまったので(それもうよさこいのせいじゃないだろ)、夜が長そうだ。気長に書き込もう。

書けなかった間に、インドネシアでは新型インフルの患者が発生したり、大統領選が間近にせまっていたり、いろんなニュースが出ている。
我が家にもいろんなことがあったけど、まずは一番最近のから。

今週の初めに、車が事故った。

右折(もしくはUターン)しようとして止まっている車の左後部に、うちの車の右前部が突っ込んだのだ。相手の車はえらく丈夫でかすり傷程度なのに比べ、うちの車は派手につぶれた。ボンネットはもちろん、運転席ドアも開かなかったくらいだ。
幸い、車中には運転手さんと私しかおらず、相手も含めて怪我はなかった。

会社の事務員さんを挟んで話し合いの結果、修理代はお互いの保険を使うことになった。我が家の負担は2千円程度で済みそう。
日本ならまちがいなく10対0でうちが悪いパターンだと思う。事故後、道路に出てきた相手の若い奥さんと小さな2人の坊やの心配そうな顔を思い出し、なんだか申し訳ないような気分になる。相手にとっては「とんだ災難」以外の何ものでもない。

それから、10日間の修理期間中の代車の手配。バイクが主流のこの国では車は贅沢品なので、レンタカー代は非常に高く、一日3千~4千円する。市の定める一ヶ月の最低賃金が1万円くらいといったら、その割高感が伝わると思う。
が、これも、友人のご主人が手配に奔走してくれて、比較的安く借りることが出来た。

そして残る問題がひとつ。

そう、毎度おなじみうちのお騒がせ運転手、Hさんの処分である。
<読みやすさのためというよりも 私が気分を変えるために つづく>



日本の父の日に合わせて行われた幼稚園の日曜参観日にて
ずらっと並んだお父さんの寝返りで子どもを順送りする通称「焼き鳥」ゲーム
オッサンたちがぴったりとくっついて寝転んでいる様は別の意味で香ばしそうだ
たぶん本人たちが一番つらい
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 2
初事故(2)HOMEお知らせ(確率の問題ではない)

copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。