FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 修学旅行記(2) ]
2009-08-06(Thu) 18:26:38
☆2日目
 5ツ星ホテルで爽やかにお目覚めし、美味しいビュッフェ式朝食。メガヒットはフレンチトーストかな。
 泣く泣くMelia Purosaniをチェックアウトして、体験学習場所へ。1号は、銀細工・バティック(ジャワ更紗)染め・陶芸・本のしおり作り(ここの伝統芸能・影絵用の人形に使用される、水牛の皮で作成)の4つの中から、銀細工を選びました。ジョグジャカルタの銀は良質で安価。曲げて削って叩いて熱して冷やして磨いて・・・かわいい指輪の出来上がり。指輪作りを体験させていただいたお店でお買い物もしました。銀製のアクセサリー、置物(すごい精密なボロブドゥールとかもあった)なんかがたくさん。母へのお土産として、すんごい値段のピアスを頑張って値切りまくって買いました。
 次は王宮見学(昨日飛行機の遅刻のせいで出来なかったやつ。無理やり2日目に挿入。先生方お疲れ様です。)。事前学習も当日も、「学」って感じ。分かりますか?とにかく猛暑の中、修行だったんだよ。その後、王宮レストランで昼食。普通は食べられない、王様が実際に召し上がる料理を特別に食べさせていただけることに。感想:辛い。甘い。塩辛い。色々なものを組み合わせて中和して食べました。黄緑のマーブル模様が入ったプリンに海老煎餅が突き刺さっていたときはマジでどん引き。歴代の王様方、死因は糖尿病なんじゃないんですか?
 そしていよいよ世界遺産・ボロブドゥール見学。来たのは2回目だけど、何回見ても興味深い。事前学習をしてから行くと更に面白い。石の壁に刻まれた釈迦如来の有り難いエピソードは、きちんと勉強してから見ると、ぐっと面白くなりました(友達と現代風に解釈しながら読み進むのが楽しかった。)。
 チェックインしていたホテルで夕食の和食弁当を食べた後、1室に集まり、レク。カードゲーム大会でみんなのテンションがMAXになった頃、プログラム2番・百物語ならぬ三物語がスタート。先生がしてくれた実体験話が激怖かった。あまりの恐怖に、神にすがり出し本気で祈る男子全員&マジ泣きする男子数名がもっと怖かった。精霊を呼び出し、体内に取り込んだと言う子もいた(!!!○△○!!!)。男子4人にせっかく2部屋あるのに、何故1部屋に集って暑苦しく狭苦しく寝るのか(というかあまり寝ていない御様子)。1ベットに2人はありえないぞ。
 この日泊まったのはManohara Hotel(★★★☆☆)。前日の無理(★★★★★)のせいで、その他の出費は極力抑えたいところ。という訳で三ツ星。でも部屋はきれいだし、壮大で神秘的なボロブドゥールがすぐ目前にそびえ立ってる、絶景ホテル。怪談話の雰囲気も出てたよ。
 
 長くなりましたが、2日目はこんな感じで終了。様々なことを実体験し、肌で感じた1日でした。

銀細工 (41)

銀の指輪作りに挑戦中

王宮料理 (9)

王様のお食事 豪華とかヘルシーとかいうことではないらしい
 
スポンサーサイト
長女の日記TB : 0CM : 3
修学旅行記(3)HOME修学旅行記(1)

copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。