笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 修学旅行顛末(出発もしてないが) ]
2009-05-26(Tue) 17:13:45
新型インフルは、当地の学校にも混乱を招いている。
中でもこの一ヶ月、2号(小6)の修学旅行をめぐっては、2回の保護者説明会をはじめ公式非公式いくつもの会議を経て情勢が二転三転し、混迷を極めた。

以下、簡単な状況設定と、いろんな立場からの意見。きっと日本でも似たようなことがあるだろう(ただし、医療事情が悪い分、親の不安は大きい)。みなさんはどう思いますか。
(分かりやすくするため、多少脚色してあります)


1 日本人学校は現地日本人会が運営する私立学校であり、最高意思決定機関は理事会である。
  (校長以下教員は、文科省からの派遣にすぎない。)  
2 インドネシアにはまだ感染者が出ていない。少なくとも表面上は。
3 6年生は8人。旅行は6月中旬。行き先はバリ。豪米人も多い世界的リゾート地である。
  交通手段は飛行機。下見などの準備が必要なため、延期なしの行き先変更は不可能。

理事会
5月初旬、医務官を招いて行動基準を策定。
それによれば、インドネシアに感染者が発生しない限り、すべての学校行事は予定通りに行われることになっている。「保護者の都合やあやふやな根拠でむやみに教育の機会を奪うべきではない」というスタンス。
ただし、行事への参加は強制しない。

校長
当初は、もしもの時に「結果に責任が負えない」という理由で、中止または延期の意向。
が、理事会の決定には従わざるを得ず、結局は実施に同意。

保護者A
あまり不安は感じないので、ぜひ行かせたい。
時間が経てば経つほど、感染者が出る→中止になる可能性が高くなる。
ならば、行けるうちに行ける人だけでも行くのがよいのでは。

保護者B(ムスリム)
「生まれる時、家族ができる時、死ぬ時は神様によって決められている」ので、
何をしても死ぬ時は死ぬ。よって特に予定を変える必要なし。
→これぞ究極のインフル対策か?

保護者C
修学旅行は小学校生活最大といってもよい行事。3日間だけでなく、事前事後の学習にも多くの時間が割かれる。欠ける子が出れば、修学旅行の教育的側面に大きなマイナスが出ると思う。延期にすることで全員で行ける可能性があるのなら、その可能性に賭けたい。

保護者D
子どもだけで飛行機に乗せたことがない。落ちたらどうしよう。
→その不安は越えようよ、子離れの第一歩よ、と説得。

保護者E
子どもの健康面に不安があり、感染しやすい飛行機に乗せるのはとても心配。
できれば延期にして、飛行機を使わなくてよいところに場所を変えてほしい。

保護者F
万が一子どもが感染したら、家族にも感染する。特に父親に感染していたら、勤務先の工場がストップすることも考えられ、会社に大きな損害を与えかねない。会社も参加に難色を示している。


たった8人しかいないのに、これだけ意見はバラバラ。
理事会の決定を覆そうとすれば、「全員一致で反対」くらいの強いアピールが必要だ。そのための話し合いも持ったが、これではまとまるはずもなく、結局は実施の決定をそのまま呑まざるを得なかった。
よって、あとは学校に考えうる限り最大限の安全対策を立ててもらい、それで妥協できる人が行く、ということになった。全員参加は難しそうだ。
ちなみに私の考えはC。切捨て感にどうしても馴染めなかった(ええ、甘ちゃんですとも)。もともと安全面にはそんなにリスクは感じてないので、実施になった以上2号は行かせると思う。

多少度合いに差はあるものの、どの言い分も私には理解できる。理事会の毅然とした決断も、校長先生の苦しい立場も、ムスリムの宗教心も、企業の管理下にある帯同家族の宿命も。できるからこそ、難しかった。できなければ、「理解不能」と切ることだってできたのに。
そう考えると、話し合いができるだけマシ、ということなのだろうか。

なんにせよ、結局しわ寄せが行くのは子どもたちなのがやるせない。
行ける子も行けない子も、この経験を糧にしてほしいと切に願う。
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 8
1号修学旅行へHOMEありがとうタルト

COMMENT

  +
誰だ子供だけで飛行機の乗せるのが不安だなんて言ったのはwww
先生も引率でいるんだし、そこはやっぱり子離れしましょうよ…つか、豚フルはこんなに心配して、肝心の鳥フルは例年気にしないで修学旅行に行っていたじゃん!って思ってしまいましたまる

日本なら「中止or延期」が確定的なものではあるんだけど、SJSは日本人学校だけど日本じゃないしね…
飛行機に乗せるのが心配なら、ジャワ島内で別の場所(世界遺産?もあるし)を行ってみるのも手だろうし、うちならAもBもCも入れた意見で考えるかなぁ…
Aの意見はどなたのものか予想がつきます…(ノ∀`)
たとえばだけど、2学期に日程をずらすとかもアリじゃないかな???日本でも豚フルの過疎期が秋くらいだという見通しだしね。
b y ばにら | 2009.05.27(06:56) | URL | [EDIT] |
  +
>ばにらさま
鳥フルはまだヒト→ヒト感染ウイルスにはなってないのでね。飛行機の中にニワトリいたら話は別だけど。
行き先にせよ時期にせよ、変更には「全員一致」でのアプローチが不可欠だったんだよ。でもそれが難しかったのさ。ばにらがいて理事会でも保護者会でも「みんなで2学期にジョグジャへ行くわよ!」って言ってくれたら違ったかもね。「個性尊重」のクラスで来ただけに、「一致団結」はちょっと苦手だったか~、と思った。
ちなみに今日から中学生の修学旅行、1号が世界遺産を見に行ってます。

b y みわ | 2009.05.27(09:48) | URL | [EDIT] |
  +
んー、みわが「ジョグジャに行くわよっヽ(`Д´)ノ」なキャラになってみるのも手だったな、ウン。
つか、うちどんだけ発言力持ってるキャラwwww
今の学年の顔ぶれにも変化あるだろうから、前よりも個性がなお強くなってるんだろうねぇ^-^;

一致団結のポイント:
・発言力のある人を味方につける。
・1人1人に意見を聞いて周り、1人1人こちらの意見に丸めこむ。
(1vs1でなくてはならない)
ぁ、これ私は使ってた方法だから参考にならなかったか!失礼w

それに比べて現2年生のクラスは本当にまとまりやすかったのにねぇ…('-';…
b y ばにら | 2009.05.27(13:46) | URL | [EDIT] |
  +
最大のネックは、「延期したがために全員行けなくなる可能性がある」ってことなんだよねえ。その時にも有無を言わせないほどの人徳(迫力?)は、私にはとてもありますぇん。

だって「味方につける」のも「丸め込む」のも無理っす、ねーさん。全然参考になりません。「味方になる」「味方だと思い込む」のは得意なんだけどな。←イタイな、私。

6年のそれぞれボーイズも、それはそれで味わい深いのだが、あまりに自己完結なB型息子に、「ちょっとあんた、『お前が行かないなら俺も行かん!』とか言ってみたりせんのん?」と、勝手に熱くなるO型母なのでした。
その点では、Rくんがいてくれたらちょっと違ったかもね。
b y みわ | 2009.05.27(18:52) | URL | [EDIT] |
  +
おぉ、ばにらってFと同じ系列の会社じゃなかったか??
ばにらが会社の決定と自身の気持ち(ばにらBだろ!?ムスリムじゃないけど・・・そんでちょびっとC的な・・・)に、板挟まってるところ見たかったよ。ばにらだったらどんな決定をしてたんだろうか?
なにはともあれ大変だったね。疲れた。
そして無事に終わるまで気が抜けない・・・。
b y りかこ | 2009.05.27(21:19) | URL | [EDIT] |
  +
>りかこさま
ええ、疲れました。怒って食べて怒って食べて怒って食べて。ヤケ食い太り?
まだ行ってもないのに、なんだかもう終わった気分。根性なしの私はすでに気が抜けてます。

つか、まだ5月ってどうよ。
b y みわ | 2009.05.28(14:22) | URL | [EDIT] |
  +
ねぇ。まだ5月なのに終わってしまいたい気分だよね。
教頭先生って毎回打ち合わせには出るのに、3年間一度も同行できないんだな。
かわいそうに。

あと10ヶ月もあるけど、どうしようか?
なんとなく、もう送別会の予算を組んでいる・・・
貴方が花を着ける人リストに入っていることに、びっくり。
簡単に帰すつもりは無いから、ギリギリまでてんてこ舞いしてもらいますが。

のんびりする暇が無く、幼稚部は父親参観に親子遠足だよ。あははは。
あ、明日は誕生会だねぇ。うふふふ。
b y kana | 2009.05.28(14:41) | URL | [EDIT] |
  +
そ、送別会!?仕事早すぎ。つか、現実逃避?

このままインフルがどっかいっちゃいますように。
こうなったら頼むから調べるな、インドネシア。
b y みわ | 2009.06.01(19:38) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/513-c5dd9688



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。