FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ありがとうタルト ]
2009-05-25(Mon) 15:15:56
オレオが死んだのは2号の誕生日だったが、タルトが死んだのも1号の誕生日だった。

下痢はしていなかったが、元気がなかったのは確かで、次第に放牧してもあまり動かなくなり、餌もほとんど食べなくなった。そのまま衰弱してしまったと思われる。

原因は定かではない。
もともとウサギは暑さが苦手で弱いと聞いたり、メイドさんが言うには、まだ小さいうちに(かわいくてよく売れる)母ウサギの元を引き離されてくるので、母乳が足りておらず、体力がないのだということだったり。

だから、少しでも大きくて元気な子を選ばなくてはだめだ、と言う。確かにキャラメルはそんな彼女が選んだだけあって、一匹だけになってしまった今でも活発、食欲も旺盛だ。
結局、子どもたちが雰囲気や毛色だけで選んだ2匹は生き永らえることができなかった。

「強くて丈夫」なことはペットとして確かに大きな長所だけど、それだけで選ぶのはなんか違う気がする。小さくても大きくても強くても弱くても、命の重さは同じだ。
私たちが買っても買わなくても、彼らの命がそう長くないことが決まっていたのなら、その残された時間をうちで過ごしてくれたことに感謝しよう。

とはいえ、やっぱり「死」はこたえる。キャラメルを無事育て上げ、誰かに譲って本帰国したら、もう二度と生き物は飼うまい、と心に誓う。←一番初めに衝動買いしてきた人
完璧主義でダメージに弱い1号は激しく賛同、うかつな母に釘を刺す。
一方4号はあんなに号泣するくせに、お葬式が済むと早々に「キャラメルひとりじゃ寂しいよ。お嫁さん買ってこようよ。」などと言い出す。
この、「失ったらまた手に入れよう」→「失うのが怖いから、もう手に入れるのをやめよう」と思考の方向が変わることを、「歳をとった」というのだなあ、と思う。まあ性分もあろうが。
若さとは、「性懲りのなさ」だ。よくも悪くも。

そういえば、オレオの時にもタルトの時にも、女子はみなわんわん泣くのに、2号は涙を流さなかった。夫に聞くと、「(男は)そう簡単には泣けない」のだそうだ。
私は、2号にも5号にも「男らしさ」の呪縛をかけた覚えはないし、姉の真似をしてワンピースを着たがった時(ちょうど2人とも3歳頃にブームが来た)も、気が済むまで着せていた。それでもやっぱりそんな風に育つもんなんだろうか。
それはそれで頼もしいような、「男だからってヘンなやせ我慢すんな」のような。
12歳男子って、もうペットのウサギが死んだくらいでは泣かないんでしょうか。
ちなみに4歳男子は、意味がまったくわかっていない。

その後、二つ並んだ小さなお墓には、花やお菓子が供えられている。
一番気にして手を合わせているのは3号だ。クッキーにアリがたかるよ、と4号が言うと、「いいんよ、それはオレオやタルトがアリにあげたっていうことなんやから。」と答えていた。

2羽のウサギが、子どもたちの成長を教えてくれた。
スポンサーサイト
家族の毎日TB : 0CM : 4
修学旅行顛末(出発もしてないが)HOMEウサギ放牧

COMMENT

  +
生き物って、これがつらい。
いつかは別れが来るとはいえ、早すぎるね。
それでもにぎやかに暮らせた日々はタルトにも楽しい日々だったよ。

多分うちの1号は何歳になっても嗚咽をあげて泣くだろう。
なんかそんなキャラだと決めてしまっているけど・・・どう?

みわさんの子供達はそれぞれに悲しみの表現が違うけど、
きっと色々学んだんだろうね。タルトの冥福を祈ります。
b y kana | 2009.05.25(20:32) | URL | [EDIT] |
  +
>kanaさま
ああ、Kちゃん泣くね。めちゃくちゃ泣くね。20までは余裕で泣くね。それで周りの泣けない人も気が済むくらい泣くね。

子どもの成長も感じたけど、自分の老いも感じたわ。ダメージにものすごく弱くなってて、なんか歳とってから宗教にはまる人の気持ちがちょっと分かったわ。←ヤバい
b y みわ | 2009.05.25(20:53) | URL | [EDIT] |
  +
宗教か、むしろ始めようかな。
入るんじゃなくて、教祖ね。
もうかるだろうし・・・
(ダメージに気付かない振りしようとするタイプ)
b y kana | 2009.05.26(10:56) | URL | [EDIT] |
  +
いやーやめてー
札束に埋もれてご満悦な教祖様の姿が目に浮かぶー
b y みわ | 2009.05.27(09:58) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/512-b66c6dfa



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。