笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『ぽんぽこ』見てました ]
2009-05-10(Sun) 11:12:03
子どもが借りてきた『平成狸合戦ぽんぽこ』を見ていて、「ああ、そうなのよねえ」と妙に納得してしまった。

子どもを持つお母さんなら、誰でも経験があるだろう。
夫の帰りの遅い夜、子どもが急に高熱を出す。夜間外来の時間も過ぎている。こんな時間に上の子をあずかってくれるところもない。もしひきつけたらどうしよう。悪い病気だったらどうしよう。子どもの顔を見ながら、不安に押しつぶされそうになりながら、まんじりともせず夜を過ごす。
そのうち、帰ってこない夫や帰してくれない会社、日本の社会や昼間のあれこれなど、ぜんぜん関係ないことにまで理不尽な怒りが沸々とわいてきたりして。不安は時に人を攻撃的にする。

日本で、健康体の子でさえそうなのだから(ただしこれは経験や知識でカバーできるようになる)、医療事情の悪いところや、基礎疾患のある子はなおさらだ。
ここでは仕事柄、出張や工場勤務で家を空ける父親は多い。おまけに、赤痢やチフスといった、日本ではもう聞かないような伝染病の類もあって、病気のバリエーションも幅広い。病院は言葉もしっかり通じず、診断も治療も行き当たりばったり(に見える)。
母親の不安は尽きることがない。

じゃあ、病院も情報もない太古の人間は精神的にずっと強かったかというと、そうでもない、と私は思う。そこに宗教の役割がある。神様にすがり、お任せすることで、心の平安を得ていたのだろう。
踊り念仏にはまり、最後には集団で死出の旅に出てしまった古狸の一団のように。
スピリチュアルなものは、今でも多くの人の支持を得ている。

いやいや、子連れで死出の旅に出るわけにはいかないので、ここで踏ん張る。
かといって、ゴンタさんたちのように、怒りに任せて正面突破を図り、玉砕するのもごめんだ。
不安をごまかしたり爆発させたりするのではなく、折り合って生きていく方法を見つけなくてはならない。

その方法は人それぞれ。
わずかに残った緑地に隠れ住んだり、繁華街でごみをあさったり、人間に変化して暮らしたり、狸たちがそれぞれだったように。

まずは自分を鍛えよう。
情報収集はするけど、丸呑みはせず、咀嚼する。カミカミカミカミ。いらないものは「ペッ」と吐く。有益なものだけを取り込む。そうやって、情報を上手に消化する術を身につけよう。
インプットは簡単、肝心なのはアウトプット。その情報を日常にどう活かすか、だ。消化した情報は血や肉にしよう。行動する筋肉をつけよう。でないとただの情報デブになっちゃう。
ちょっと俯瞰で見て、自分のポジションやテリトリーを確かめるのもいいかもしれない。わからないこと、できないこと、力の及ばないことに苛立ってもしかたない。

「どっこい生きている」強く賢い母でいたいと思う。こんな時くらいは。
スポンサーサイト
ここで思うことTB : 0CM : 3
クリンチ(「ウサギ」のイネ語)HOME鳥>豚

COMMENT

  +
上手く立ち回るヒトになろうと思っているんだが
上手く立ち回れないハハなんだよね
子供のこととなると理性を無くす瞬間がある
玉砕しそうになったら止めてくれ
b y りかこ | 2009.05.10(17:44) | URL | [EDIT] |
  +
確かに、情報をうのみにしないことは大切ですね。どこで線を引くかがいつも難しいなって思います。
アウトプット必要ですよね。私もいつも自分に言い聞かせています。
b y ユーカリミント | 2009.05.10(23:22) | URL | [EDIT] |
  +
>りかこさま
ははははは。了解です。
でも、そのくらいでいいんじゃないでしょうか。いつも理知的なあなたが理性をなくすくらい、自分たちが愛されてるってことは、きっと子どもたちの生きる力になると思います。

>ユーカリミントさま
そうそう、それから「何が有益な情報か」は人によって違うということも感じます。私が正しいと思ったことを、相手もそう思うとは限らない。つけた筋肉は、あくまで自分が歩くために使うことにします。
b y みわ | 2009.05.11(21:24) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/506-2c32bb39



copyright © 2017 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。