FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 鳥>豚 ]
2009-05-09(Sat) 16:08:54
前回、「インドネシアは病院が頼りないから不安だ」と書いた私に朗報!

カナダの保健相が「発病したら家にいなさい。治療の必要はないから。」と発表。

私なりに要約すると、「今回のインフルエンザは軽い。今、感染を抑えるのは、今後予想される第2波の予防のためで、この第1波自体がそれほど恐ろしいわけではない。「かかる」ことよりも、「広げる」こと(ウイルスを生き永らえさせ、変異のチャンスを与えること)の方が怖いので、かかったらヘタにうろうろすんな。」ということらしい。

ソースはこちら。
「鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集」徒然日記
http://nxc.jp/tarunai/
このHP、かなりお勧めなのでぜひ見てほしい。私の精神安定剤となりつつある。

そんなHPでも、「今回のは怖くない」という説明の前に、たいがい「鳥フルに比べれば」というのが付いているのが、なんとも言いがたい。安心していいんだか、悪いんだか。

同じHPにこんなニュースもあり。

インドネシアのスパリ保健相が、ブタインフルエンザウイルスが人為的に作成されたものである可能性について語ったようだ。
 イスラム系のウエブでは結構、そのような意見が載せられている。
 ある研究者は、あまりにも唐突な遺伝子の組み合わせから、試験管内で作成されたのではないかと、早い段階から言っていたようだ。

 スパリ大臣は優秀な心臓専門医であった。
 イスラム主義の民族色が非常に濃く、米国やWHOを嫌っている。
 そうした理由からインドネシアで分離されたH5N1ウイルス株を、WHOへ提出しないなどの摩擦をおこしてきた。


ことの真偽はさておき、私たちはこのようにここが「先進国の方針とは一線を画する指導者のいる国」ということは知っておいてもいいかもしれない。
頼むから「インフルで死者が出たのは先進国の陰謀だ、報復しよう」とか言い出さないでよ。はっ、そのために死者が出るのをあえて待ってたりして!?

私まで妄想してどうする。どうどう。

先日ご紹介した「新型インフルエンザ・ウォッチング日記」に、インドネシアの記事も出ていた。
http://blog.goo.ne.jp/tabibito12/e/96317e938863e5c8cd594504df833248

インドネシアにて新型インフルエンザA/H1N1疑い例。
東ジャワ州都 スラバヤのDr. Soetomo hospital に入院中。(みわ注:結局陰性でした。)

もし確定すればかなり怖いことです。 インドネシアの体制はH5N1で明らかになった如く心許ないものですし、インドネシアの豚にH5N1検出されるのも、先日神戸大学の皆さんが見つけてくれたところ。
A/H1N1がインドネシアのヒトの間で拡大してしまい、豚の中でH5N1と交雑してしまったら・・・仮説じゃなくて、事実になってしまったら・・・  目が離せません。


この先生、精神科がご専門のようで、「この問題から波及するかもしれない社会的問題」にも言及されている。個人の動揺がモロに反映されやすい小さなコミュニティにいる私には、なかなか興味深い。
何より「デマや誤報が恐ろしい」と繰り返し書いていらっしゃるだけに、全体的に落ち着いた冷静なHPなのだけど、ここでもさすがにインドネシアでの患者発生?だけは、ちょっと深刻なトーンで伝えられている。

ううむ。

でもまあ、私にできることは同じだ。豚さんがいつ鳥さんと合体するかなんてわからんし。
いっそ誰かのせいにしてしまいたい(?)気持ちがちょっとわかる。
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 7
『ぽんぽこ』見てましたHOME長期戦の構え

COMMENT

  +
多分修行はまだまだ続くね。
妄想もどこまでいっても、ケネディー暗殺並みに闇の中。
何一つ考えないで生きていける様になるのが”無我の境地”なのか?!
座禅でも極めようか。
何の予防にもならないけどね。
日本国内感染、今後の様子を見守るのみですね・・・
b y kana | 2009.05.09(19:58) | URL | [EDIT] |
  +
いやいや、妄想に走るのはよくないけど、考えるのはやめちゃだめよね。
大事なのは、「今考えること」と「考えても仕方ないこと」を選り分けることだと思いまふ。
ついつい現実逃避しそうになりますが、癒されたら戻ってこよう。
つか遠くに行ってたら呼び戻してくれ。
b y みわ | 2009.05.09(22:41) | URL | [EDIT] |
  +
うん、リセットして頑張る。
っていうか、一緒に頑張ってくれ
普通の風邪だと思っていたら新型に罹っていて治っていた。
というシナリオを妄想中。
プラス思考。
b y kana | 2009.05.10(10:06) | URL | [EDIT] |
  +
こんにちは。
妄想でない部分でコメントしますね(笑)。


スパリ保健相が米国やWHOを嫌っている理由の1つは、インドネシアが鳥インフルエンザの検体提供したり、情報提供しても、米国およびWHOが全く情報のフィードバックをしてくれないことにあります。 自分達だけで、ワクチンの研究を進めている。 インドネシアでは技術的に製造は不可能かもしれませんが、ワクチン準備や対策にかかりたいのに情報をくれない。 それらがスバリ保健相を怒らしているようです。

<スパリ保健相が、ブタインフルエンザウイルスが人為的に作成されたものである可能性を語った>というのも、陰謀説やらを感じてしまいますが、実はこの可能性は否定しきれない部分もあります。
人為的に作ったウイルスは、自然界に放った最初段階では、猛威(メキシコの不思議な死亡者の多さ)を振るうようですが、拡がりながらも、威力(毒性)を弱めるという傾向も持つようです。 そのことをスバリ大臣も知っている可能性がありますね。

イスラム系WEBは、根拠や理由の提示されないものはあまり気にする必要はないと思いますが、その辺りがきちんと説明されているものは、一理ありと受け止めておく方が良いと思います。 我々の入手出来る情報は、操作されている日本のマスコミと主にアメリカがメインの情報だけで、別の国から発信されているものは、モノの捉え方や真実が全くことなるケースも多いからです。 1つの大事件をとっても、日本の報道と全く内容が異なる報道が他国(ヨーロッパや反米国)でされているケースも存在します。 日本のことを知りたければ、海外の新聞を読んでいる方がマシというのが現状です。

カナダの保健相が「発病したら家にいなさい。治療の必要はないから。」
これはその通りと思います。
現段階の新型インフルエンザでは。

私のところにも1週間前くらいに友人から同じ伝言が入っていまして。
カナダの保健相のコメント+現時点の新型インフルにかかってもタミフルは使用するなという伝言でした。
情報ソースを確認したいのですが、私も出張があったりで確認は先になってしまいそうなのですが。 社会的にも信用できる地位の方なので、私は信用しています。 ただ詳しい話は、怪しい話にも若干繋がりますので、ここでの記載はやめておきますね。

ご存知の通り、インドネシアの医療は日本のそれとは比較になりません。 そんな日本でも、今回、診療拒否した病院も既にいくつも存在し、モラルハザード極まりといった感もありますが、インドネシアでも同様のことが将来起きる可能性も大です。
強毒性ウイルスが発生した時を想定した準備(逃避先、チケットや籠城戦)は怠りない方が良いと思います。 逆にそれが出来ていれば、ワクチンが無い以上、心配しすぎてもしょうがないかと。

明るいコメントにならなくて、スミマセン。





b y MASAKI | 2009.05.10(12:15) | URL | [EDIT] |
  +
>kanaさま
ははは。ポジティブ妄想。いいねえ。それでいこう。

>MASAKIさま
コメントありがとうございました。
私も今回、いろんなとこから情報収集していて、改めて「日本のマスコミって何がしたいのだ???」と思うことが多くなりました。
スパリ保健相のWHO嫌いは、大人気ないと思いつつも、遠く東インド会社の時代から先進国に搾取され続けてきた歴史を思えば、共感できる部分もあります。イネから得たウイルスでワクチン作って大儲けするのは、結局先進国の製薬会社ですもんね。大金かけて作られた日本のゲームソフトやCDを、コピーして安く売るくらいいいじゃん、って気分にもなります。
日本のマスコミといい、「自分たちの利益しか考えられない」人が多いのかなあ。利益があってなんぼ、の資本主義社会では仕方ないのかもしれないですけど。
>明るいコメントにならなくて、スミマセン。
大丈夫です、むやみに明るいコメントを求めるほど若くはありませんから(笑)。本当のことはそう簡単には手に入らないということを教えていただく方が、私にはありがたいです。
b y みわ | 2009.05.10(16:27) | URL | [EDIT] |
  +
陰謀ですか?!?!
無きにしも非ずですね。
アメリカの同時多発テロもアメリカ自身の陰謀では?って言われてるみたいですし。・・・
b y ユーカリミント | 2009.05.10(22:52) | URL | [EDIT] |
  +
同じ出来事でもイスラム社会から見ると、ぜんぜん別の姿に見えてきたりして面白いです。
私たちからは「そんなバカな~」と思うこともあるけど、彼らからしたら、欧米の価値観こそが「そんなバカな~」だったりするんですよね。
b y みわ | 2009.05.11(21:17) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/505-772979f3



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。