笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 真相は闇の中 ]
2009-05-04(Mon) 17:52:43
今日のじゃかるた新聞に、「インドネシアの汚職撲滅委員会のA委員長が休職」というニュースがトップで出ていた。
http://www.jakartashimbun.com/top.shtml

 汚職撲滅委は二〇〇三年、最高検や国家警察を超える強大な権限を付与された独立捜査機関として設立。二〇〇七年末に就任したA委員長が陣頭指揮し、電話盗聴などを通じ、最高検首脳と財閥オーナーの仲介者の癒着をはじめとする大型汚職事件を追及、ユドヨノ政権のクリーンなイメージを生み出してきた。

最高検首脳が癒着って…どこまで腐ってんだ。それともスケープゴートか?

それはさておき、その汚職撲滅の立役者が、殺人容疑をかけられているらしい。A委員長は、容疑は否認しているものの、汚職捜査に影響が出ないよう休職するというニュースだった。

きなくさい。

殺されたN氏は、国有企業の汚職事件で汚職に関する同社の情報を提供するなど、汚職撲滅委の捜査に協力したほか、一緒にゴルフをするなど、A委員長と個人的に親しい関係にあった。(日本的には、この個人的親しさはちょっとまずい)
つまり、捜査に協力した人が捜査した人に殺されちゃったわけ?

ますます、きなくさい。

そんな協力関係にあったはずのおじさんたちが殺し合った肝心の動機は、N氏がゴルフ場で知り合い、第三夫人としてめとった元キャディーの女子大生と、A委員長が親密になったことが発覚、N氏とA委員長の仲が急速に悪化したため。
つまり、三角関係のもつれ

ものすごくわかりやすく、きなくさい。

確かにインドネシアの男性は情熱的かつ直情的な傾向にあるとは感じるが、「第三夫人がほしくて盟友を殺す」のは、いくらなんでも無理があるだろうよ。どこまで本気なんだ。
さすがに警察も、政治的動機も絡んでいると見て動いているらしい。

事件に関与した疑いで、すでに逮捕されたのは元警察官を含む計九人。他に、A委員長とも親しい日刊紙ムルデカのオーナーで、政治ブローカーとして活動していた実業家に殺人を教唆した疑いが持たれている。

こんなわかりやすいシナリオが通ってしまうわかりにくさ。
確かなのは、これでまたインドネシアから汚職がなくなる日が一歩遠のいたということ。
日本の、「わかりにくいわかりにくさ」も相当なのだろうけど、わかりにくいからわからない。

新型インフルよりも怖いのは、この国のお役人たち。いざという時に民を守ってくれるだろうという気がまったくしない。利己のためならタミフルの横流しや偽装だって平気でしそうだ。

がんばれユドヨノ。つか誰よ、もう。
大統領選が7月に迫っている。
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 4
長期戦の構えHOMEA∪鳥

COMMENT

  +
信用なりませんな~。
世の官僚よ、子供に学べ!!
b y ユーカリミント | 2009.05.07(08:48) | URL | [EDIT] |
  +
>ユーカリミントさま
まさに「魑魅魍魎」の世界ですね。
別のところでは、A委員長が不倫の発覚を恐れて、警官に大金を渡してN氏を殺させた、と出ていました。
正義はいったいどこに?
b y みわ | 2009.05.07(22:48) | URL | [EDIT] |
  +
身近なイネ人にいろいろなことを教えられ、強くなりました。
いろいろなことを諦める勇気が持てるようになりました。
明らかに間違っていることに対して無関心を装うことが出来るようになりました。
イネ人のデキゴコロに対して、じみ~に自己アピールする術を習得中です。
しかし最近は、身近な人間の言動に、すっかり冷静さを欠いている自分に、「まだまだだな・・・」と感じています。
目の前の小さな問題から解決していかないと、その先へは進めない。
イネの問題も困ったもんだが、私は私が出来ることをするだけ。
ま、頑張ろうや!
b y りかこ | 2009.05.08(21:35) | URL | [EDIT] |
  +
>りかこさま

ああ、よくわかります。自分に余裕がなくなると、いろんなことがうまく回らなくなって、余計に余裕がなくなるよね。まさに負のスパイラル
週末、リセットして立て直します。どぞよろしく。
b y みわ | 2009.05.09(16:28) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/502-7df37d5a



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。