FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ バリ・クルージング(1) ]
2009-03-30(Mon) 21:57:23
春休みバリ旅行報告。(ちょっと画像が荒くて残念。雰囲気だけでも)

今回の旅の前半は、バリ島周遊クルーズ。
題して「さいしょでさいご第2弾」のぜいたくな旅行だ。

2泊3日を過ごしたのは↓背後に写っている、シー・サファリ・クルーズ8号。
3家族13人の貸切。総勢19名のスタッフが、船の操縦はもちろんのこと、料理・掃除・洗濯、観光地のガイドやアクティビティの提供まで、ぜーんぶしてくれる。(もちろん格安)

シーサファリ号

バリ島を出発し、レンボンガン島、ロンボク島、ギリ島など、周囲の小島を渡り歩く。
島の近くまで来ると、スタッフが2艘のボート↓を下ろしてくれ、私たちはそれに乗りこみ↑、ビーチに上陸する。

2艘のうちもう1艘には、スタッフが大量のバスタオル・水・ゴザの他、アクティビティの道具などを積み込んでくれていて、ビーチでの世話も全部焼いてくれる。まさに至れり尽くせり。

ボート

この海の色↑、伝わらないのが残念、って、どっちにしろ私の腕では写真じゃゼッタイ伝わらない。
私は海峡のそばで育ち、日本海の離島にも住んだけど、日本では決して見ることのない色なのだ。
まるで大量の入浴剤を入れたような…だめだ、私の腕では言葉でも伝わらない。

アクティビティは、たとえばシュノーケリングとか、(1号が「絵葉書みたい」と言った海↓)

スキューバ

カヌーとか、

カヌー

他にバナナボートなんてのもあった。

それ以外の時間は、船でノンベンダラリと過ご…したいところだったが、何せ5号がじっとしていない。何せここは海の上。「あれ!一人足んねーぞ!!」なんてことになってもらっても困るので、目が離せない。
それでも、船の上の時間は格別だった。

こちら、ノンベンダラリを満喫する人たち。

デッキで昼ね

ご覧のように2号(紫のTシャツ)は、美肌研究家が見たら悲鳴を上げそうな有様で爆睡。この後、彼の肌の色は、それこそ表現しがたい色に。

ちなみに、船はめちゃくちゃ揺れた。そのため、乗り物に弱い私、3号、4号は、一瞬たりとも切れないように酔い止めを飲み続けた。

食事もおいしく、部屋も快適。三半規管さえ強ければ、もうちょっと住みたかった。<つづく>
スポンサーサイト
旅行記TB : 0CM : 8
バリ・クルージング(2)HOMEHALAL

COMMENT

  +
いいな~船、楽しそうだな~v-227

ヒロシがね、飛行機だって嫌なのに船なんかもってのほかだって。
知っていたけどね、駿河湾フェリーなんていう、ほんの45分、ここは湖?っていう位の内海で吐きそうに酔っていたから。

いい旅行だったね!!
b y kana | 2009.04.01(12:29) | URL | [EDIT] |
  +
顔色が「白」を通り越して「青」になっているのが、目に浮かぶようです、ヒロシさん。ぷぷ。
いや、私もある意味「クスリ依存」の同類なんだけどね。
それにしても「湾」って。冬の日本海を渡る連絡船(非フェリー)に乗せてあげたい。いい撒き餌ができるぜっ。
b y みわ | 2009.04.01(23:54) | URL | [EDIT] |
  +
旅行いいねー。
家族で旅行ってなんだったっけ(殴

この前「どっか行こうか?」っていったら「ディズニー!!」って言われたんでスルーしました^-^;(たけぇよ、ばーろー…

美しいkanaと青いヒロシに久々に会いたくなりました…('-'*…
b y ばにら | 2009.04.02(09:57) | URL | [EDIT] |
  +
ばにらへ
”美しい”なんて、もっと言って!
でも青白いヒロシの方が見応えあって、相当面白いぞ。

ディズニーか~
家族でフリーパス買ったら、食費が無いな。
ラモンガンのジャティームパーク2なら
フリーパス(塩水プールも泳げるよ!)で400円弱だよ。
倉庫のような屋内遊園地もタダだし、
私のためにメリーゴーランドが回っていたわ。
薄汚れたウサギの着ぐるみを着た、汗臭い青年と写真も撮れますが。

いや、そんなもの子供は求めてないんだね。
ふぅ、何でも費用がかかりすぎるんだよな~
b y kana | 2009.04.02(10:21) | URL | [EDIT] |
  +
>ばにらさま
というわけで、sisiどころかウブドにも行けてません(泣)。
誰か私をバリに行かせて、一人で。

>kanaさま
JTPは1年目に1も2も制覇しましたとも。汗臭いウサギ、いたいた(笑)。ウサギかどうかも微妙なやつ。
もちろん市内の動物園も遊園地も体験済みです。
そんな安上がりな子どもたちは、バリまで連れてっても、結局楽しかったのは、「ホテルでパパと見たWBCの決勝戦」だったりします。ええ、プライスレス。
b y みわ | 2009.04.02(19:48) | URL | [EDIT] |
  +
そうそう、うちの子も一番楽しかったのは「どこにでもある」"チェス"だし。
本当にプライスレスね。
夕日を見ながら(この子たちは覚えててくれるのかな?)なんて思ってしまう。
本当の感動は大人になってから、お金や準備に苦労しなくちゃダメなのかも?!
b y kana | 2009.04.05(20:41) | URL | [EDIT] |
  +
はっはっは、確かに、「休みとってお金かけて時間かけてここまで来た!!」と思うから、感動が増すのかも。そんな付加価値がまったく通用しない子どもたち、「ありがたみ」の基準が大人と違う。
でも、「些細なことも楽しめる」方が人間幸せだよねえ。付加価値の多少にかかわらず、人生の楽しみ方をたくさん教えといてあげたいな。
b y みわ | 2009.04.07(19:21) | URL | [EDIT] |
バリ島旅行はバリ島観光.comにお任せ!
b y バリ島観光.com | 2009.05.04(15:47) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/485-13f1ff8e



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。