FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『コーランを知っていますか』(1) ]
2009-03-02(Mon) 08:18:16
インドネシアを理解しようとする時、どうしてもここにぶつかる。
ので、友人に借りて読んでみた。
阿刀田高著『コーランを知っていますか』。
イスラム教の聖典であるコーランについて、それからその背景について、とてもわかりやすく書かれている、まさにイスラム入門書。

私なりに「ほほう。」と思ったことを書いてみる。もしまちがってたらごめんなさい。「ごめんなさい」で許されるかな…。←このあたりがもう先入観

↑このように日本人には(私には?)「怪しげでわかりにくい」イメージのあるイスラム教だけど、その教えは実に単純な論理で貫かれている。
いわく、神の教えを守っていれば天国に行け、背けば地獄に落ちる。
矛盾が多いと言われるコーランの中で、これだけは徹頭徹尾貫かれていて、そりゃあもうしつこいくらいに繰り返し繰り返し書かれている(らしい)。

言い換えれば、「これさえ書いておけばよい」という見方もできる。一日に5回もお祈りするのも、女性が素肌を出しちゃいけないのも、豚肉が食べられないのも、犠牲祭に牛を捧げるのも、すべては神の思し召し。
「なんで?」などという問答は無用。余計な事は考えず、黙って神様の言うことを聞いてさえいれば、天国に行けるんですから、という理屈だ。

その神とは、言わずと知れた「アラーの神」だが、これはいわゆる「唯一神」。この世に神はただひとり、なのだ。その神の教えを、モーセが表したものがユダヤ教、キリストが表したものがキリスト教。でも、いずれも神の教えを完全には表しておらず、また時とともにゆがんできていることから、言わば「預言者の真打ち」として登場したのがマホメットらしい。
つまり、ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も、同じ神をあがめているのだけど、神の教えを最も完璧に表しているのがイスラム教ってわけ。

ちなみに、日本に見られるような多神教は、原始的な邪教とされている。
森や川どころか、トイレや包丁にまで神が宿るなどという考えは、およそ理解の外だろう。八百万(やおよろず)ってなんじゃそりゃ、って感じかな。

それと、一般的な日本人の考え方、たぶんつまりは仏教と大きく違うと感じるのは、「天国」のイメージ。

「人間にはたくさんの欲望があって、その欲望が満たされないから苦しむ」ところまでは同じなのだけど、仏教では、天国=極楽は、その欲望から解放された自由で穏やかなところ、というイメージがある。だからこそ、お釈迦様は静かで中性的な雰囲気だし、我欲を捨て切れなかったカンダタは地獄に落ちたのだろう。

一方、イスラム教では、天国は「すべての欲が満たされるところ」らしい。現世は人生のほんの序章に過ぎず、死後に長い長い来世が待っている。前述のように、現世で徳を積んでおくと、来世には天国へいける。その天国は、一言で言うなら「竜宮城」。美女をかわるがわるはべらせ、飲めや歌えの大騒ぎ…かどうかはわからないけど、清らかな乙女(つまり生娘ですね)がかしずいてくれるらしいです、はい。
(ジャニ系童貞が準備されているかどうかは不明)

つまり、現世の苦しみは、仏教では「欲を捨てるため」の修行で、イスラム教では来世で「欲を満たすため」の修行。欲望に対して否定的なのと肯定的なのと、どっちがよいかは悩ましい。←このあたりがもう煩悩

ただ垣間見えるのは、砂漠の民のサバイバルな暮らし。
厳しい気候と多民族の争いの中で生き残っていくためには、温暖な島国の単民族のように、八百万の神だの悟りの境地だの牧歌的で悠長なことは言ってられなかったのかもしれない。
支配と絆を強固なものにするには、「今黙って言うこと聞いてりゃこの後ずーーーっとウハウハだから」くらいの、強烈な信仰とリーダーシップが必要だったのかもしれないなあ、と思う。

そしてそれだけ、アラブの人々がエネルギッシュで生命力に溢れているということでもある。
スポンサーサイト
VIDEO&BOOKSTB : 0CM : 7
花粉症予防、と子育ての拠りどころHOME返ってきた水筒

COMMENT

  +
環境が違えば、自ずと考え方や捉え方まで違ってくる・・・。
普段の生活だけでなく、その根底に流れる神や天国の概念までも・・・。

その違いを実際に体感しているあなたの言葉が、とても新鮮です。
そして、貴重な体験です。

心病む人の多い中、
救いは神にあるのではなく、
自分自身の中にあると
気づくのは
その人の 気づいた瞬間
それぞれの その人の今!という時

b y あゆみ | 2009.03.03(08:14) | URL | [EDIT] |
  +
こんにちは。

インドネシアのイスラム教を理解するためには<クバティナン>も重要なようです。 詳しくは調べていないのですが、クバティナンとは、精霊信仰やヒンドゥー教が混じり合ったイスラム教徒の宗教観のようです。
中東のイスラム教徒のようにコーランの教えが絶対という訳ではなく、アラーの神を信仰しながら、現世の救いを呪術師等にも求めるもので、インドネシア独特のもののようです。 原理主義の人を除くと確かにインドネシアの人はクバティナンの民と思える人が多いですね。

私もコーランやイスラム教は勉強不足なので、続きを楽しみにしています。
b y MASAKI | 2009.03.03(15:35) | URL | [EDIT] |
  + イスラム
b y みのり | 2009.03.04(04:11) | URL | [EDIT] |
  + Re:
うわ。
在住10年以上orムスリムのお二人に読まれると思うと緊張します(汗)。
でも考えてみるとこれはとてもラッキーなことですね。
阿刀田さんのフィルターを通したコーランを、また私のフィルターを通して書いているので、きっと誤解や偏見もあるはず。そんな時は遠慮なく突っ込んでください。これで私も安心して思ったことを書けます(笑)。

>MASAKIさま
クバティナンですか。面白そう。呪術師があがめるのは、やっぱりアラーの神なのでしょうか。

>みのりさま
いやいや、その「よくわからない」宗教に入信してまで添い遂げたかった伴侶がいるのは、すごいことだと思います。うちなんか、家族内で宗教分かれてますもん。それで特に違和感がないのは、きっと日本人ならでは、なのでしょうね。
b y みわ | 2009.03.05(23:48) | URL | [EDIT] |
  + Re: あゆみん
信仰心の薄い罰当たりな私は、宗教や占いは人間の幸せのためにあると思っているので、宗教のための殺し合いなどものすごい本末転倒に思えるのですが、世の中には、「神に背いて生きる」より「神に従って死ぬ」方が幸せな人もいるようです。 信仰は時に、人を非常に強くします。
語るべき宗教も持たない私に、そんな他人の人生をどうこう言えませんよね。

ただ、宗教には政治的側面も色濃くあることを強く感じています。人心が自由に操れるとしたら、支配者にとってこんなに便利なことはありません。
今更ながら、「政教分離」の賢明さ、そして実現の難しさを思います。
救いを求める人に多くの気づきがあり、信仰が他ならぬ自分自身のためであることを願います。
b y みわ | 2009.03.05(23:51) | URL | [EDIT] |
  +
日本にいたときとは感覚が変わった。
本当に本人の自由じゃん、個人は個人、良い人だし問題ない。と思う。
ただそれだけでも、進歩だよね。
はっきり言って日本にいたらほとんどの人が『宗教に入っている人』っていうのは見る目が違うと思うよ。
良い意味で見ている人はほんの少数でしょう。
実際には『怖い』ってイメージだよね・・・。
植え付けられたメディアのイメージがあるからかな?
b y kana | 2009.03.06(10:03) | URL | [EDIT] |
  + Re:kanaさま
まさに今日のニュースでそのことを実感した。(3/7のブログ参照)
日本であんなに「宗教」のイメージが悪いのはなんでだろうね。確かに悪い宗教もあるし、私だってイスラム教自体は好みではないし、タリバンは怖いと思うけど、それとその個人が『怖い』のはちょっと違うと思う。
メディアの植えつけたイメージもあるだろうね。あまり信心深くない国民だから、信仰にはまる人は異様に見えるのかな。
b y みわ | 2009.03.07(23:27) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/479-4ad42fb6



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。