FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ YAMAHA工場見学 ]
2009-02-15(Sun) 17:37:22
毎年、現地ヤマハ工場のバンドの皆さんが、学校に演奏会に来てくださる。その際、学校の音楽クラブ(正課クラブのひとつ)とジョイントをするのだが、今日はその事前練習で、郊外にある工場を訪問した。私と4号も、音楽クラブ所属の2号、3号にくっついて参加。

ヤマハの楽器と言えば、鍵盤ハーモニカでしょう。子どもの頃、あれはピアニカという楽器だと思ってた(「ピアニカ」はヤマハの商品名)のは私だけではないはず。

学用品は、学校で一括購入することが多いのだが、これが定価販売でやたら高い。最近は保護者もどんどん賢くなっていて、お下がりをもらってきたり、自分で安いものを見つけてきたり、学校に言われるがままに買うようなことも少なくなってきた。
中でも楽器類は高くて、頭の痛いところだ。ホームセンターに行くと、安~い鍵ハモがあったりして、「これじゃダメなのかしら?」と友人とつぶやいた記憶がある。

練習に先立って工場見学をさせてもらった。

すべての工程はオートメーション化されていて、製造ラインに流れる部品のひとつに至るまできっちり管理されている。製造業の現場へ足を運ぶことなど滅多にないので、何もかもが新鮮。
残念ながら、写真撮影はNG。

オートメーション化はされているものの、工程のほとんどは人の手による。
中でも手をかけられているのが音程の調整。もちろん人間の耳で一日中音程チェックなどできない。音程の正否は、画面に表れる波長で確認できるようになっている。それがぴたりと合うまで、薄い金属の弁が人間の手で丁寧に調整される。その後も、弁を基に部品が取り付けられていく度に、音が正しく出るかどうか、一音一音モニターでチェックされる。
「おもちゃを作ってるわけじゃありませんから。」と、案内してくれた日本人スタッフさん。
ああ、ホームセンターの鍵ハモじゃだめですね。大変失礼しました。

そういや今うちの子が使っているピアニカは、知り合いのお下がりなのだが、子どもの手で長いこと荒く使われてきただろうに、一音たりとも音が狂ったり出なくなったりしないもんなあ。それってすごいことだ。

工程によっても違うが、エアコンのないところ、立ちっぱなしのところもたくさんあった。みなまじめに黙々と働いている。私は3日と持ちそうにない。それ以前にきっとラインに乗せてもらえない。がんばってるじゃん、インドネシア人。ここまでにした日本人の苦労もしのばれる。

こうやって手間隙をかけた高品質の製品に、正当な対価を払うのは大事なことだと思う。少なくとも、目に見えないものにお金を払うよりは、ずっと納得がいく。
インドネシアでも、ヤマハ・ブランドは保たれている。

ヤマハ

工員の中の希望者で結成されているヤマハバンドのみなさんと
ひと仕事終えた後の練習は大変だけど楽しそう
ここでは他に、リコーダー、オーボエ、クラリネット、フルート、サックスなどが作られている
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 3
万病を治す少年HOMEカビ紙幣

COMMENT

  +
引越し業社のC社のインドネシア人の働きぶりも素晴らしいよ!日本からそちらに行く時の日本最大手のN社の人より(もちろん日本人)、よっぽどまじめで器用だと思いました。ただ、とにかく過剰梱包。先に帰国した人が「玉ねぎのよう」と言っていた意味がよ~くわかりました。
ばにらちゃんがイケメンと言っていたC社のMさん、連続テレビ小説「だんだん」の石橋さんにそっくりだと思わない?Mさんを思い出そうとしても、石橋さんの顔しか浮かばなくなっている私です。
YAMAHAやC社のように「がんばってるじゃん」ということもあるけど、やっぱりインドネシアだ~と思うことも。みわ家に1月2日着いたというウチの年賀状、同級生のM,Y.くんの家には2月13日に着いたんだって~。カビ紙幣~じゃなくて、カビ年賀状だったかも。
b y Aママ | 2009.02.18(15:06) | URL | [EDIT] |
  +
ホームセンターでもヤマハの鍵盤ハーモニカは、幼稚園や小学校で注文するより安く手に入るよ。。双子のママ友は目ざとくチェックしてました。あんまり安いのはよく見ないとヤマハ商品でも鍵盤数が少ないが。
b y しまこ | 2009.02.18(20:48) | URL | [EDIT] |
  +
>Aママさま
JCの新年会でのこと、サッカー部の出し物でMさんが登場した時、「あ、あれはサンミュージックの石橋さん!?」というナレーションが当てられ、大いに受けてました。Aママの目は確かです。

>しまこ
け、鍵盤数か。品質を落とさずに値段を落とそうと思うと、どこかを削らなきゃならないのだろうが。
なんでも安い量販店がいいとは思わないけど、既得権益に胡坐をかいてる教材屋から買うのも腑に落ちない。定価で買っても納得できるだけのサービスがあるといいんだけどね。
b y みわ | 2009.02.22(19:50) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/475-9a9355ca



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。