FC2ブログ

笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ インドネシアにはない(かもしれない)事故 ]
2009-01-18(Sun) 20:27:20
もうひとつ、インドネシアならなかったかもしれないと思う事故。

12日午後8時55分ごろ、札幌市北区東茨戸のホテル「シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ」の温泉施設3階にある女性用浴場で、北海道苫小牧市の5歳男児が浴槽内に沈んでいるのを従業員が見つけた。男児は病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。道警札幌北署は男児がおぼれたとみて死因などを調べている。
 同署や同ホテルによると、浴槽の深さは約85センチ。男児は両親と弟と家族4人で訪れ、母親と弟と一緒に女性用浴場に入っていたという。(yahoo!ニュースより)


時々、こういう不運としか言いようのない事故が起こる。
もちろんそんなことがないように、環境を整え、親も目を離さないようにするのだが、子どもはその網の目をくぐるように、思いもかけない事件や事故に遭う。私たちにできるのは、せめてそれを教訓に、コツコツと網の目を埋めていく作業をすることだ。

子どもを看視する意識は、インドネシアの方がずいぶん高いと思う。日本人が平和ボケなのだと言われそうだが。

スーパーなどで、5号が私のそばを離れて走っていってしまうことがある。私も目では追っているのだが、そんな時必ず、5号を見咎める大人がいる。彼らはたいていきょろきょろと周囲を見回し、私に気づくと、「あっちへ行ったけど大丈夫?」というふうな顔をして、5号が向かった方へ首を傾ける。大声で「ちょっと~、子どもが行ったわよ~」と呼ばれることもある。あわてて追いかけていくと、先に追いついた大人が見てくれていた、なんてことも珍しくない。
また、安全なレストランなどで放し飼いになっていると、いつの間にか店員さんがそばに来て、見ていてくれる。どこでも子どもに声をかけ、相手をしてくれる人は多い。
お金持ちの子にいたっては、ひとりにひとりずつメイドさんがついていて、24時間つきっきりである。

これは、親にとってはとてもありがたい。もちろん親自身がちゃんと見てることが一番なのだが、ちょっとした隙に子どもは脱走する。複数の子を見てたりするとなおさら「隙なし看視」は不可能だ。
この温泉にも、こんなインドネシア(みたいな)人がいたら、この事故は防げたかも、と思う。

日本では、レストランやスーパーで騒ぐ子どもに眉をひそめ、ひそかに親を責める人はいても、目の端で子どもを見守ってやるなどどいう奇特な人はあんまりいそうもない。温泉に人が少なければ、迷惑をかけずにすむと、親はかえって安心しそうだ。
それに、気にはなってもなかなか他人の子どもに声をかけにくいという事情もある。特に、男性→女児は難しそう。

たぶん、日本人が特別冷たいわけでも日本の親が特別うかつなわけでもない。
きっとここは日本に比べて、事件や事故で命を落とす子の総数が格段に多いからこそだろう。危機意識が高く、みんながこどもに声や目や手をかけてくれる。環境の網の目が思いっきり雑な分、人の目が張り巡らされているのだと思う。

亡くなった子どもたちの冥福を祈る。
彼らの死が、また網の目をひとつ埋めていきますように。
スポンサーサイト
ここで思うことTB : 0CM : 4
中華流食事法:子ども編HOMEインドネシアにはない病気

COMMENT

  +
たしかに金持ちや生活力のある人は子供を大事にしてるが・・・
メイドがミルクや食事を与え、一緒に寝ていて、金持ちママはずっと携帯とエステを大事にしてたりしてるかも・・・

でも、お金の無い人はどうでしょう?
人身売買(子売り)も、路上でのたかりも親の手引き無しにはありえないでしょ?
これは衣食住に困る事例だから、何とも言えないか・・・国家の問題だね。
日本では生活力があっても子供を放置する人がいるから不幸だね。
見て見ぬ振りも、他人が怖いからちょっとわかるよね。
子供は常に守られるべき。そう思いたい。

b y kana | 2009.01.19(21:31) | URL | [EDIT] |
  +
うーん。
kanaちゃんのコメントを読んで、「子どもをちゃんと見ていること=子どもを大事にしてること」とは必ずしも言えないのかな、という気がしてきた。子どもがよく見守られているということは、それだけ危険が多く、犠牲になる子も多いということでもあるね。
子どもを守る、大事にするってどういうことか。その点では日本もまだまだ発展途上かも。
b y みわ | 2009.01.25(00:56) | URL | [EDIT] |
  +
子どもは 天の宝 と思う私は、
インドネシアの方々の、人の子を気にして見守る方に近いな・・・

どこに行っても奇特な人、なんだよ、私 ふふ
b y あゆみ | 2009.01.27(11:51) | URL | [EDIT] |
  +
日本は家族主義がいつのまにか個人主義になってしまって、何でも家族(親)の責任になったり、親の方も他人を家族に立ち入らせるのを嫌ったりする。そんな時代のそんな国で、子どもを見守るというのは、簡単なようで実はけっこう難しい。それが自然にできるあゆみんのような人は、ほんとに「奇特」。そのノウハウが伝えられるといいのにね。
b y みわ | 2009.01.27(12:55) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/464-f5175f32



copyright © 2018 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。