笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ボネック(イネ版フーリガン) ]
2010-02-18(Thu) 19:45:47
先日、「日本では、ルールとかマナーとかに守られている代わりに、こちらもそれを守ることを要求される。」と書いたけど、ここまでとは思わなかった。国保選手の腰パン騒動には、ちょとびっくり。
と思ったら、先日テレビで見た小5の授業風景、クラスの3分の1くらいが茶髪だったのにもびっくり。
大人の腰パンはダメで、子どもの茶髪はいいんだ。(それぞれの考えの持ち主は一致してないだろうけど)
日本はどうなってんのかなあ?

人に迷惑かけなけりゃ何してもいいってもんじゃないけど、
迷惑どころか何の関係もない人があんまりヤイヤイ言うのもどうかなあ、と。



先月のこと、地元のチームに加入した日本人選手を応援にいこうと誘われて、サッカー観戦に行った。
「警察官もついている専用入り口に車を横付けして、屋根つきVIP席に入って見るから絶対安全」と言われ、競馬場の馬主席のようなもの(入ったことないけど)を想像して行ってみたら、何のことはない、VIP席はトタン屋根のついた正面スタンド席のことだった。

しかも、開始前からスコールに見舞われ、道路はたちまち冠水。車は入り口横付けどころか駐車場にさえ入れず、会場まで靴を脱いでコーヒー色の水の中をざぶざぶ歩く羽目に。

ポカリのペットボトルを持っていた私は入り口で止められ、ポカリを直にビニール袋に移され、ストローを差し込まれて「はい」と渡された。飲みにくい。

行く途中から、チームカラーの緑集団が暴走族よろしく鳴り物鳴らして走っていた。会場に入ってみると向かいの外野スタンドは緑で埋まり、歓声で地響きがする。
試合の方は、サッカーをよく知らない私にさえ下手だとわかるくらいに下手だったが。

ハーフタイム、雨がますます激しくなる。VIP席と一般席(屋根がない)の境の金網を越えて、人がどんどんこっちへ入ってくる。グランドは水はけが悪く、コーナーは完全に水没。
試合が中断して約1時間、業を煮やした観客はついにグランドへ。
スポンサー看板を使って、水をかき出し始めた↓。

10サッカー観戦 015

「HONDA」の看板がなぎ倒される光景を、あっけにとられて見ている私たちのところへ、日本人選手から電話が入る。
「選手はもう変装して会場を出てます。早く脱出してください。」

帰りは一段と水かさが増している道路、もう裸足は危険なので、今度は靴のままざぶざぶ歩く。ここまで来ると、逆に笑いが止まらなくなる。

まさに「ルール無用」。

何より私が気色悪かったのは、あんなにいきがってた国母選手が、出場と引き換えに黙らされたこと。
「絶対許せない」と思う人がいても「自分流でかっこいい」と思う人がいてもいいけど、こんな結末はお互い消化不良だし、何も残らない。
ぶつかる中で生まれるルールも、きっとあったはず。

ボネックのみなさんは、サッカーのルールから勉強した方がいいと思う。
グランド荒らしたら、試合は中止らしいですよ。
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 5
  [ YOSAKOI in インドネシア  ]
2009-11-08(Sun) 01:22:09
自分たちが出て踊るのももちろんめちゃくちゃ楽しかったのだが、それに負けないくらい楽しかったのが、他のチームの踊りを見ること。国境を越えたYOSAKOIは、インドネシア・スパイスがいっぱい振りかかって、どんどん変化している模様。

私自身、高知や北海道の本場のよさこいを見たことはないので、正統の何たるかはよくわからないのだが、少なくとも日本では、小道具が飛び出すことはあまりないような気がする。

扇子は、まだわかる。
旗。応援団風に後ろで振る。
桜の枝。ほら、マツケンサンバもしくはズンドコ節の後ろで踊っている姐さんたちが持っているような。
傘。くるくる回してるよ~。シャンゼリゼ?
リボン。新体操風。
椅子。中国雑技団風決めポーズに使用。

これらのものを、途中、帯などに挟んでおいた鳴子とおもむろに持ち替える。申し訳程度にしか鳴子を持たない踊り子もいる。一応、ちょっとは鳴らさないとといけないとは思っているらしい。

衣装だって、そりゃすごい。

↓すっごいまとも。とっても王道。
よさこい西さん 003

↓中華風?
よさこい西さん 001
白い綿毛ピアスから、水玉靴まで、ぜーんぶお揃い。
なぜかみんな衿の合わせが逆(左が手前)なの。気になる。中国ってそうなの?

↓バリ風
バリよさこい
つい頭に目が行くが、鳴子に注目。柄の先にリボンつき。この装飾をしてるチームも多かった。

↓?????
よさこい西さん 002

他にも写真はないけど、獅子のような子どもたちや、制服風ミニスカートの大学生(アニメキャラ風)など、この会場にいるからかろうじてよさこいのチームだとわかる、わかるというかきっとそうなんだろうと推測される人たちがいっぱい。
北海道出身のメンバーが、「地元のよさこい仲間に見せたい!」と身悶えていた。ええ、YOSAKOIは赤道を越えて、こんなにも愛されています。

よさこい大好き、その割にはよく知らない。
その、愛と無知のアンバランスが生む、まったく枠にとらわれない発想が面白い。
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 0
  [ よさこい打ち上げサプライズ ]
2009-10-26(Mon) 10:51:01
よさこいまつり、無事(?)終了。
その日の詳しい模様はまた後日(ホントかよ)。

先日、我が家で打ち上げをした。
思いがけず、メンバーのみんなからアルバムと花束のプレゼント。
かけられた手間と愛情の深さを思うと、それに見合う言葉など私に見つかるはずもなく、ただ泣きながら頭を下げるのみだった。

だって、確かに手を挙げたのは私だったが、実はそれだけなのだ。(←そういうのだけ得意)
どんなムチャ振りにも引かない、懐の深いメンバーに恵まれてこそのチームだった。

当初ものすごく消極的だった私(けっこうヘタレ)の提案に、軽~く「ええね、やろやろ!(大阪弁)」とのってくれた衣装担当。
ちっとも計画性のない私を放っておけず、いつも先へ先へと段取りを考えてくれた振り付け担当。
絶対に間違えない安定した実力で、チームの柱となっていたメイク担当。
よく気がついてフォローしてくれたしっかり者のチーム名担当。
どんなに忙しい時も体調の悪い時も必ず練習に出てきてくれた会計担当。
婦人部総会の呼びかけの時、運動会の昼食会の時、率先してみんなの前に立ってくれた領事館担当。
踊りを間違える捨て身のギャグ(?)で、チームのムードメーカーだった衣装補佐。
明るく元気な声、キレのある動きで気合を入れてくれた掛け声担当。
周囲ではいつも笑いの絶えなかった、気配り上手な宴会担当。
段取りと手際のよさで、チームに華を添えてくれた子どもメイク担当。
プレッシャーも産後もなんのその、いつもニコニコと踊っていた最前列の二人。
手も頭も切れるのに、もたもたするチームをじっとサイドから支えてくれた、このアルバムの製作者。
運動会後から参加して、中だるみのチームを盛り上げてくれた学校の先生方。
そして、はじける笑顔の子どもたち。

今振り返れば、あの時、あの場所、あの一言がなかったら、ここまで来れてなかったろうと思うことは山ほどある。
他にもきっと、メンバーの家族やら、イベントの関係者やら、日本人会のみなさんやら、
チーム内外を問わず私の気づかないところで、数え切れないほどの手がそっと添えられていたにちがいない。
今回のサプライズに私がまったく気がつかなかったように。

言葉にならない感謝を、それでも言葉にこめて。

ありがとうございました。



ところで。

運動会でありえない出トチリをやらかした私、今回は完璧でした!

と、思っていました。打ち上げでDVDを見るまでは。

そこに映っていたのは、みんなが踊っているど真ん中で、ひとりしゃがんで鳴子を拾っている私。

そういえば、はためく袂に絡まって鳴子を落としたような記憶があるようなないような。ああ、こんなところにもサプライズがあるなんて。

出た、「どんどん下手になる」代表。ありえん。

紫陽花アルバム

ものすごく手の込んだプレミアもののアルバム
一生の宝物ってこういうのを言うんだな
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 4
  [ 義援金 ]
2009-10-15(Thu) 11:00:54
毎年学校の中庭で、日本人会主催の盆踊り大会が行われる。
そもそも一人の保護者が、日本の風物詩を異国でも子どもに味あわせたいとはじめたらしい。浴衣に甚平、日本の装いを楽しむ日本人と、それを見たい日本フリークのイネ人で会場はいっぱいになる。

会場内で、スマトラ地震の寄付金を募っていたので、少しだけ協力させてもらった。

今回の地震が起きてから、路上などでも募金活動をする人たちを見かけた。
私は、基本的には募金箱の前は素通りしない。
んがっしかしここは、常日頃から、バイクを止めていちゃもんつけてはお金を巻き上げている警察官をはじめ、路上で小遣い稼ぎをしている人がたくさんいる国である。おんぼろギターが募金箱に変わっただけで、そのお金がスマトラに行くと思えるわけがない。

ニュースでは、国内外からの救援物資が空港や役所に山積みになってる様子が流れてたりする。援助したいと思いつつも、何をどうしていいのやら。ここに来て、こんな歯がゆさもよく経験する。

私は、道端で新聞を売ったりしている子どもに、小銭を渡すことがある。渡す時に、「これはあなたのだから、大人に渡すんじゃないよ。」と言う。
でも結局は大人に取り上げられちゃって、おやじの酒代に消えちゃうのかもしれないな、と思う。

そんなことを考えるときりがないので、この子がこの一瞬「日本人って豊かで優しい人たちだ」と思ってくれたら、それでいいやと思うことにしている。これで親の機嫌がほんのちょっとよくなって、この子への風当たりがほんのちょっと和らぐなら、それでいいや、と思う。
↑それでいいや、と言ってる割にはたかだか小銭でけっこう望んでる。

そうそう、つい他人に勝手な期待を押し付けちゃうのは、私の悪い癖だ。
要は、どこであきらめるかってことだ。今回の募金だって、疑えばきりがない。
私が募金した日本人だって、直接スマトラへ行くわけではないだろう。なら、どこでどう搾取されるかはわからない。でも、私だってスマトラには行けないので、誰かに託すしかない。
そうなると、搾取分は「たっかい関税」とでも思って、あきらめるしかない。

100円出してそのうち1円しか届かないかもしれないけど、出さなかったらその1円も届かないから。
搾取を覚悟で出す。国際支援って難しい。

ねえ、いくらなんでも、100円出したら1円くらいは届いてるよね?頼むよ、赤十字。

帯

リバーシブルの帯で変わり結びに挑戦
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 6
  [ スマトラ沖地震 ]
2009-10-02(Fri) 10:39:52
心配して下さった方々、どうもありがとうございました。
我が家はみな元気にしています。



今回の震源地は、スマトラ島パダン(赤矢印)。私が住んでいるのはジャワ島東部(黄色い矢印)なので、まったく問題ありません。ちなみに青矢印がバリです。

それにしても、ニュースで見る惨状は目を覆いたくなるばかりです。
建物の耐震強度など望むべくもなく、ホテル、病院、学校、ショッピングモールなども軒並み崩れているらしい。道路や設備は地震がなくったってボロボロなので、災害時にはひとたまりもありません。

20091002.jpg
じゃかるた新聞より 崩れ落ちたホテル

そのため、電気、交通、通信などが寸断され、救援が届かないどころか、何が起こっているのかさえよく把握できてない状態の地域も多いとか。二次、三次の被害も予想されます。

日本よりずいぶん人命が軽いのです。つくづくそう思います。死後の人生(?)に賭けたくなるムスリムの気持ちもちょっとわかる気がします。
ひとつでも多くの命が救われますように。
救助活動にあたる皆さんの安全と活躍を祈ります。

私の街もきっと、地震が来たらひとたまりもないと思います。でもなぜか、東部ジャワの人は「ここには地震が来ない」とかたく信じています。実際この2年半、ちらりとも揺れたことがありません。
でも、いくつものプレートが集まっているインドネシア。この沈黙が不気味でもあります。

刻々と増える犠牲者数に、溜息が出ます。
震源地はとんでもなく遠いのに、ただ「インドネシアで地震」というだけで、私たち家族のことを心配してくれる人たちがいて、とてもとてもありがたいことです。
今、瓦礫の下で助けを待っている人たち一人ひとりにも、そういう大切な人がいるだろうなと思うと、胸が
つぶれる思いがします。
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 8
  [ 路上わんだーらんど ]
2009-08-13(Thu) 16:45:05
今年もやってます、夏休みの自由研究。

好奇心と食欲だけが旺盛な2号、今年のテーマは「インドネシアの路上移動販売」。
つきあってるうちに、だんだんこっちがムキになる。いかんいかん。

路上販売のメッカは、なんといっても学校前。買い食いする子どもをお得意さんとする、いろんな店が並ぶ。
紙工作、駄菓子、軽食、ジュース、アイスクリーム、おしゃれ雑貨などなど。子どもたちは手に手に千ルピア札(約10円)を握り締め、物色に夢中。

2号はさっそく小麦粉のいい匂いをさせている屋台に引き寄せられ、焼き菓子を購入。絶対違う用途だったと思われる鉄の型に甘い小麦粉を流し入れ、カラーチョコスプレーをふり、最後にチョコシロップをかけて出来上がり。簡単なお菓子だけど、これがなかなかおいしかった。縁日などでたまに見かける、ミニカステラのような味。

日本だって、かつて学校の近くには必ず駄菓子屋があって、10円20円でいろいろ楽しめたよなあ。

ぐる買い食い

お兄さんが持っている裏白の紙、この後広げてみたらRYANくんのテストだった。85点。

どピンクのジュース(ビニール袋にストローを差して飲む)を飲んでる子を見て、うちの運転手さんが、「ああいうのは服の染料で染めてるのもあるから、気をつけた方がいい。」と言う。おいおい。

その後、別の路地で「メリーゴーランドおじさん」を発見。

改造自転車の前に着いたステージは、おじさんがペダルをこぐとぐるぐる回る。ステージの上には、もうボロボロのおもちゃの自動車が4台くっついている(5号が乗っている車のシートはピンクではなく元・赤)。

たったこれだけなのだけど、おじさんが流す音楽を聴きつけて、近所からわらわらわらわらとちびっ子が出てくる。
手にはやっぱり千ルピア札。しかもしわしわの。

自転車メリーゴーランド

5号もめっちゃエンジョイ。

私、懐古主義でも自然回帰派でもないのだけど、こんなのんびりした空気に触れてると、自然に思ってしまう。

日本の子どもって、ぜいたくだよなあ。

そして、そうしてるのは私たち大人だ。

パソコンもゲームも携帯もDVDも、時代の流れと言えばそれまでだけど。うちでも使ってるけど。
お金をたくさん使っているという意味では、確かにぜいたくだけど。

代わりに何かをなくした気が、すごくした。
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 2
  [ アヤム・カンプン(地鶏) ]
2009-08-11(Tue) 20:49:03
イネでは、鶏はまるっと1羽で売られているのが普通。それをメイドさんは無駄なく上手にさばく。島暮らしの3年間で魚はおろせるようになったが、鶏はなかなか難しい。

今日立ち寄ったスーパーで。
ブロイラーと地鶏とが、仲良く並んで売られていた。

ブロイラー

なぜかブロイラーはグラム売り、地鶏は頭数売り(って言うのかな?)。
ごらんの両者で、ブロイラー君約210円、地鶏君230円だった。どう見てもブロイラー君の方が1.5倍は体重があるので、地鶏君は割高だ。
それはやっぱり日本の場合と同じく、身は少なくとも底味がしておいしいからだろう。

よく見ると、ブロイラー君は首ナシなのに、地鶏君は首がついている。おまけに、小さな袋に入った臓物も入っている。これってやっぱり本人(?)のなんだろうか。地鶏君、フルセット。
もちろん日本でも鶏の内臓は食べるけど。地鶏の臓物はまたひと味違うのかな。

そういえば、イネママ友達とレストランで鳩を食べた時、鳩は全身そのままで皿の上に載ってきた。
ええ、目が合いましたとも。胸や腿のわずかな肉をそぐようにして食べてる私を尻目に、イネママは思いっきり頭を、頭から、頭ごとがっつり。パリッパリ言わせながら、「これがおいしいのよー、美容にもいいし。」と笑っていた。
無理無理。絶対目が合ったし。

そうそう、ここでは鶏の足も残さず使う。足って、腿じゃなくて足。あの、3股に分かれてて、木の枝とかつかむ、人間の、腕じゃなくて手に当たる部分、の足。これもまた、コラーゲンたっぷりだし、いい出汁もでるのだとか言って、チュルチュル吸いついて食べる。
煮込んで醤油色になっちゃった中華風のものなら少しは食べられるが、さらっとゆでただけのベージュ色のはちょっと厳しい。だって足だし。

ちなみに5号は鶏肉のことを「ピヨピヨ」と言う。用例「ピヨピヨ食べるー」「ピヨピヨうまいー」。これは、「生前の姿を想像させる」という理由で、1号にすこぶる不評だ。

鶏大好きなインドネシア人。安くてうまくて捨てるとこなし。インフルエンザを運んでこようと、やっぱり食卓の強い味方のようだ。
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 2

copyright © 2017 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。