笑門来福ジャワ島日記

5児の母のインドネシア通信
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ボネック(イネ版フーリガン) ]
2010-02-18(Thu) 19:45:47
先日、「日本では、ルールとかマナーとかに守られている代わりに、こちらもそれを守ることを要求される。」と書いたけど、ここまでとは思わなかった。国保選手の腰パン騒動には、ちょとびっくり。
と思ったら、先日テレビで見た小5の授業風景、クラスの3分の1くらいが茶髪だったのにもびっくり。
大人の腰パンはダメで、子どもの茶髪はいいんだ。(それぞれの考えの持ち主は一致してないだろうけど)
日本はどうなってんのかなあ?

人に迷惑かけなけりゃ何してもいいってもんじゃないけど、
迷惑どころか何の関係もない人があんまりヤイヤイ言うのもどうかなあ、と。



先月のこと、地元のチームに加入した日本人選手を応援にいこうと誘われて、サッカー観戦に行った。
「警察官もついている専用入り口に車を横付けして、屋根つきVIP席に入って見るから絶対安全」と言われ、競馬場の馬主席のようなもの(入ったことないけど)を想像して行ってみたら、何のことはない、VIP席はトタン屋根のついた正面スタンド席のことだった。

しかも、開始前からスコールに見舞われ、道路はたちまち冠水。車は入り口横付けどころか駐車場にさえ入れず、会場まで靴を脱いでコーヒー色の水の中をざぶざぶ歩く羽目に。

ポカリのペットボトルを持っていた私は入り口で止められ、ポカリを直にビニール袋に移され、ストローを差し込まれて「はい」と渡された。飲みにくい。

行く途中から、チームカラーの緑集団が暴走族よろしく鳴り物鳴らして走っていた。会場に入ってみると向かいの外野スタンドは緑で埋まり、歓声で地響きがする。
試合の方は、サッカーをよく知らない私にさえ下手だとわかるくらいに下手だったが。

ハーフタイム、雨がますます激しくなる。VIP席と一般席(屋根がない)の境の金網を越えて、人がどんどんこっちへ入ってくる。グランドは水はけが悪く、コーナーは完全に水没。
試合が中断して約1時間、業を煮やした観客はついにグランドへ。
スポンサー看板を使って、水をかき出し始めた↓。

10サッカー観戦 015

「HONDA」の看板がなぎ倒される光景を、あっけにとられて見ている私たちのところへ、日本人選手から電話が入る。
「選手はもう変装して会場を出てます。早く脱出してください。」

帰りは一段と水かさが増している道路、もう裸足は危険なので、今度は靴のままざぶざぶ歩く。ここまで来ると、逆に笑いが止まらなくなる。

まさに「ルール無用」。

何より私が気色悪かったのは、あんなにいきがってた国母選手が、出場と引き換えに黙らされたこと。
「絶対許せない」と思う人がいても「自分流でかっこいい」と思う人がいてもいいけど、こんな結末はお互い消化不良だし、何も残らない。
ぶつかる中で生まれるルールも、きっとあったはず。

ボネックのみなさんは、サッカーのルールから勉強した方がいいと思う。
グランド荒らしたら、試合は中止らしいですよ。
スポンサーサイト
インドネシアの暮らしTB : 0CM : 5
HOMEディスカバージャパン

COMMENT

  +
チャレンジしてるんだねぇ、人生。

さっきうちの前の建物(家かな?)の外壁が道路側に崩れて、
どうやら椅子か何かをつぶしてしまったらしく
「立ち入り禁止」的な黄色いテープを貼ってあった。
もちろん、人だかり&バイク路上駐車し放題で
そっちの方にテープを貼りたかった。
2年ほど前、家の解体中に、屋根が崩れて人がつぶれた所の隣だから、呪いか?!人が怪我をしてないといいけどね。

私服の学校にいて思うけど、服装って決められてないと意外に崩れないね。
決められすぎると目立ちたくなるんだろうか?
自分の意思できちんとする時きちんとできる方が良いね。
目立ったからには結果も出さなくちゃとか、根性も見たい。
スポーツ選手は、かっこよきゃいいと思っちゃうけどね。
報道って時々実りの無い方向に人を扇動する。




b y kana | 2010.02.19(13:47) | URL | [EDIT] |
  +
追記
結局向かいの塀が崩れた所では、一人亡くなっていました。
運転手曰く「いつもベンチに座って休んでいたベチャ(人力車)の運転手」とのこと
b y kana | 2010.02.19(18:28) | URL | [EDIT] |
  +
国保選手が、自分に見えて仕方なかった・・・

大人気ないなぁって、感じたのは、ルールや規範に囚われない自分だからか。

だから、苦労はする・・・

ただ、折り合いをつけなければならない時もあるのが事実だ。

だが、人間のホンモノの中のホンモノは、

細かいことには注視せず、すべてを認める人間、

すべてを赦せる人間だと思っている。

そして、私はそこに向かう。
b y ayumin | 2010.02.19(22:06) | URL | [EDIT] |
  +
 恐らく事故直後、車寄せに到着した私達を待っていたのは、見物に走ったセキュリティーたちが誰も居なくなったエントランスドアと、いったい何人の人間が笛を吹き鳴らしているんだ!と思われる騒々しい笛の音でした。
 事故状況をすばやく把握し私に教えてくれたマネージャーの深刻な表情に比べ、笑いながら「人が死んだ」と繰り返すドライバー。
こんな人の車に乗っていて大丈夫なのかとちょっとゾクッとした。
b y りかこ | 2010.02.19(22:09) | URL | [EDIT] |
  +
 日本ではもうすっかり見かけなくなった暴走族。
先日スラバヤのとある場所で、緑色の暴走族フーリガンが暴走しているのを見かけて、ちょっぴり懐かしく思ったりして・・・。
 イネ人も何十年か後には、何か他のものにエネルギーを費やして、大騒ぎをしなくなるんでしょうか?いやいやこれは人種の問題でしょうか?
b y りかこ | 2010.02.19(22:21) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://miwa4275.blog101.fc2.com/tb.php/557-8475e23f



copyright © 2017 笑門来福ジャワ島日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。